『前向きな一年の総括で新年を迎えてください。』

◆経営コラム
『前向きな一年の総括で新年を迎えてください。』…一年間お世話になりました。感謝・合掌。
いよいよ年の瀬です。
一年を締めくくり、良い新年をお迎えください。
 
■一年という時間は、長くもあり、短くもあり、頃合いの時間です。
大きな何かを成し遂げるには短過ぎます。
一方、真剣に取り組めば、相当のことが出来る時間です。
ひとつのステージに目途を付けるのに頃合いの長さです。
○年初に何かを決めたとしましょう。
   一生懸命に取り組めば、年末には何か手応えを実感できるはずです。
○さらに、翌年には次のステージを目指してスタートします。
 年末には、確かな実感を感じ取れるでしょう。
○そして、三年目には、成果の断片を手中にできるでしょう。
○これを十年続けることが出来たなら、大きな功績を残せるはずです。
一事業十年の計で取り組んでください。
 
■一ヶ月という時間は、長くもあり、短くもあり、頃合いの時間です。
大きな何かを成し遂げることはできませんが、
仮説と検証をワンサイクル以上回せる時間です。
仮説をランクアップさせるのに頃合いの長さです。
○月初めに立てた仮説を実行に移して、月末には結果を検証します。
○仮説と検証のワンサイクル(デミングサークル)を一巡できます。
○これを十二回回せる期間が一年です。一年という時間は、相当な時間です。
 
■一年を総括してみましょう。
○まず総括が重要です。
・今年一年の軌跡を振り返りましょう。どんな風に考えて、どんな風に行動し、
 その結果どうなったのかを丁寧に整理してください。
・良かった点、改善すべき点を洗い出し、来年の指針にしましょう。
 
○総括が十分でなければ、同じ過ちを繰り返します。
・人は間違えます。
 しかし、間違えから学ぶことが出来れば、それは成功の糧になります。
 一方、間違えを総括できなければ、間違えを繰り返します。
・間違えを、確実に「糧」にしましょう。
○年初に立てた今年一年の目標を思い出してください。
・そもそも明確な目標を持っていなければ、来年は、明確な目標を持ってみませんか。
 目標を置けば、その目標がより明確であればあるほど、実現の可能性は高くなります。
 目標作りから始めてください。
・年初目標の達成率が低ければ、そもそも目標が明確であったかどうかを検証してください。
 来年の目標は、より明確に描いてください。また、目標の進捗確認が出来ていましたか。
 年初の目標は、出来れば一ヶ月毎、最低でも三ヶ月毎の進捗確認と修正が必要です。
・目標の達成率が高ければ、来年は、もっと大きな、届きそうもない目標を立ててみませんか。
 自分を過小評価せず、自分の潜在能力を引き出すぐらいの目標を立案してください。
 
■いずれにしても、前向きに考えましょう。
〇今年あった良くないことに焦点を当てて悔やむのを止めましょう。
 どうせなら、今年あった良いことだけを取り出して喜びましょう。
〇むかついた相手のことを思い出して恨むのはよしましょう。
 どうせなら、良くしてくれた人を思い出して感謝しましょう。
〇うまく行かなかったビジネスシーンを嘆くのもやめましょう。
 どうせなら、成功した体験を記憶から取り出しましょう。
〇人は考え方次第でその人生が変わります。
 恨み・憎しみ・後悔・嘆き…このようなネガティブな言葉は、
 除夜の鐘と共に記憶から消し去りましょう。
 愛・感謝・喜び・笑顔…来年からはポジティブな言葉とだけ付
 き合っていきましょう。
◆来年はもっと積極的に生きましょう。
◆来年はもっと明るく笑顔で生きましょう。
◆来年はもっと感謝して生きましょう。
◆来年はもっとビジネスを成功させましょう。
◆そして、来年はもっともっと幸せになりましょう。
◆こんなことを自身が考え、そして、こんなことを考えている人達とお付き合いしましょう。
 
こんな決意と共に新しい年を迎えてください。
 
一年間お世話になりました。感謝・合掌。

お知らせの最新記事

起業家のための無料相談受付中 0120-398-788
ページ上部へ戻る