『エクイティファイナンスについて』『65歳超雇用推進助成金(高年齢者無期雇用転換コース)について』

『エクイティファイナンスについて』…エクイティファイナンスの概要をご説明します。
資金調達の手段は、デットファイナンスとエクイティファイナンスに大別できます。
デットファイナンスとは「借入」のことであり、エクイティファイナンスとは「増資」のことです。
中小企業の殆どは、デットファイナンスによる調達が主体ではありますが、
エクイティファイナンスの仕組みを知ることで、調達の幅が広がる可能性があります。
 
エクイティファイナンスは、
会社が新しい株式を発行し、株式を投資家に買ってもらうことで資金を調達する仕組みです。
借入ではなく増資ですので返済の必要はありません。
そのかわり、投資家には株式の持ち分に応じた権利が発生します。
エクイティファイナンスは、株式を買ってもらえる投資家が居てはじめて成立します。
無償の支援を仰げる親族や友人は別ですが、投資家は何らかの目的があって投資を行いますので、
投資家のニーズを的確に満たすことが、エクイティファイナンスの成功の鍵となります。
 
投資家の代表として、ベンチャーキャピタル、投資ファンド、エンジェルなどが挙げられますが、
これらの投資家の目的は「利益」です。
取得した株式を将来第三者に高値で売却することが主たる目的ですので、
会社が上場して株式が市場で売却できるようになること、
もしくは、M&Aで会社を他の会社に売却することが大前提です。
よって、上場やバイアウトの計画がない場合は、この手の投資家を呼び込むことはできません。
 
上場やバイアウトを考えていない企業でも、
企業同士の関係強化を目的としたエクイティファイナンスは可能性があります。
例えば、貴社が強い販売力を持っているとして、その販売力を魅力に感じるメーカーがあれば、
貴社に投資をする動機になります。
中小企業のエクイティファイナンスは業務資本提携が現実的です。
 
ただ、エクイティファイナンスにはデメリットもあります。
業績が思うように進捗しない場合等は、
株主との関係が悪化し、自分の思い通りに経営ができなくなってしまうことがあります。
このような時でも最悪の事態に陥らないよう、
エクイティファイナンスは持ち分のコントロール(資本政策)が重要です。
弊所では、エクイティファイナンスに関するご相談も承っております。
 
 
『65歳超雇用推進助成金(高年齢者無期雇用転換コース)について』…50歳以上のパートさんを雇用している場合におすすめの助成金です。
「65歳超雇用推進助成金(高年齢者無期雇用転換コース)」は、
高年齢者の雇用の安定を図ることを目的として、
高年齢者が意欲と能力がある限り年齢に関わりなくいきいきと働ける社会を構築していくために、
50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用労働者に転換させた事業主に対して、
国の予算の範囲内で助成してくれるものです。
概要をみておきましょう。
 

■対象となる事業主

(1)雇用保険適用事業所の事業主であること。
 
(2)無期雇用転換計画書提出日から起算して1年前の日から
       支給申請日の前日までの間に、
   高年齢者雇用安定法第8条または第9条第1項の規定に違反していないこと。
   ※60歳以上の定年あるいは希望者全員を対象とした
    65歳まで継続雇用制度を定めていることが要件になります。
 
(3)有期契約労働者を無期雇用労働者に転換する制度を就業規則等に規定すること。
 
(4)次のような高年齢者雇用管理に関する措置を1つ以上実施していること。
・職業能力の開発及び向上のための教育訓練の実施等
・作業施設・方法の改善
・健康管理、安全衛生の配慮
・職域の拡大
・知識、経験等を活用できる配置、処遇の改善
・賃金体系の見直し
・勤務時間制度の弾力化
 
(5)当該労働者を、
   無期雇用労働者に転換した日以降の期間について雇用保険被保険者としていること。
 

■対象労働者

(1)転換日において雇用期間が通算6か月以上であること。
(2)50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者であること。
 

■支給額

1支給年度1適用事業所あたり10人までを上限として、以下の金額が支給されます。
[( )内は中小企業以外]
○対象労働者1人につき48万円(38万円)
○生産性要件を満たす場合は60万円(48万円)
詳しくは、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の支給申請の手引きをご確認ください。
https://www.jeed.or.jp/elderly/subsidy/q2k4vk000000thkf-att/q2k4vk000000thq0.pdf

お知らせの最新記事

起業家のための無料相談受付中 0120-398-788
ページ上部へ戻る