経営者業務と執行業務をバランスよく使い分けてください

◆経営コラム
『経営者業務と執行業務をバランスよく使い分けてください。』
  …世の中の大半の中小企業経営者は、百%執行業務を行っており、経営者不在の状況が続いています。
 
 
中小企業経営者は、百%経営者業務のみを行っているわけではありません。
執行部分、大企業流にいうなら執行役員部分や部長、場合によっては担当者の仕事も担っています。
経営者業務と執行業務を分けて考えておかないと、どうしても執行業務に追われます。
結果として、経営者不在の経営が続くことになります。
※世の中の大半の中小企業経営者は、百%執行業務を行っており、経営者不在の状況が続いています。目先の業績は作れても、中長期の経営指針を創造できていません。
創業時、事業継承時と同じ事業モデルを営々と継続しています。これが実情ではないでしょうか?
 

■優秀な店舗デザイナーA氏は、数名を連れて起業しました。

A氏は優秀なデザイナーです。デザインのクオリティーは抜群です。
デザインを24時間考え続けながら、素晴らしいアウトプットを創出しています。
 
クライアントからも高い評価を得ています。執行者として評価するなら満点かもしれません。
一方、会社の経営は順調ではありません。仕事を安定的に受注する仕組みがないからです。
 
A氏はいつも、デザインに関する読書に耽っていますが、経営に関する勉強には興味を持ちません。
 
A氏はデザインが大好きで、24時間365日そのことのみを考えています。
 
この会社は経営者不在の状況が続いています。
A氏は、自分の好きなデザインに対する執着は強いものの、
経営を考えることが嫌い、苦手なようです。会社としての成長は難しいでしょう。
 
本来A氏は、デザイナーとしての執行業務と、社長としての経営者業務を同時に担わねばなりません。今のA氏は、後者の業務を行っていません。経営が上手くいくはずありません。
逆に、創業者や小規模企業経営者の場合、自分自身が執行者としての役割を果たさず、
もっぱら経営のみに専念することも、物理的に不可能です。
最も優秀な執行者、社員としての業務を担うことも必要です。
 
 

■経営管理に長けたB氏は、数名を連れて起業しました。

B氏は上場企業の取締役まで経験した敏腕ビジネスマンです。
経営管理は大の得意分野です。机上での計画書作りやマネージメントは得意ですが、
現場で業務を執行するつもりはないようです。
 
大きな資本で、人材を確保して始める起業ならこれで良いのですが、
小資本・少人数での起業には向かないタイプです。
 
創業者や小規模企業経営者の場合、自らが最も優秀な開発マン・営業マンでなければなりません。
この機能を他人に頼るのは、その資金力に無理があります。
 
経営者としての仕事だけでなく、執行者としての仕事の比率を高くとる必要があります。
 
小さな会社と大きな会社では、その仕組みが異なります。
小規模創業から企業規模を拡大できた経営者は、
その経営者としての仕事と、執行者としての仕事の割合を上手にコントロールできてきたようです。
 
 

■経営者業務と執行業務の業務比率のイメージ…

◆創業時の業務比率、経営者業務:執行業務=2:8
◆50人超の人員の時の比率、経営者業務:執行業務=6:4
◆300人超の人員の時の比率、経営者業務:執行業務=9:1
◆1,000人超の人員の時の比率、経営者業務:執行業務=10:0
 
創業時の業務比率、経営者業務:執行業務=0:10の経営者がいます。
A氏です。食ってはいけるかもしれませんが、会社の成長は望めません。
※多くの中小零細企業はA氏と同じ状況です。経営者業務とは何か?この機会に考えてください。
 
創業時の業務比率、経営者業務:執行業務=10:0の経営者がいます。
B氏です。そもそも会社が立ち上がらないはずです。
(大資本での創業は除く。)
 
経営者は、会社の置かれている状況やステージによって、
その業務分配比率をバランスよく調整していかねばなりません。
このバランス感覚も、経営者にとって必要な資質の一つです。
貴方の会社のステージはどこですか?
貴方の業務分配比率は適切ですか?
自問自答してください。

お知らせの最新記事

起業家のための無料相談受付中 0120-398-788
ページ上部へ戻る