『創業・新規事業の成否は…』(その3)

◆経営コラム
『創業・新規事業の成否は…』(その3)
  …創業当初から財務戦略を持ち続けてください。
 
一部の資産家を除いて、
企業の大半は金融機関からの資金を活用して事業を伸ばしていくことになります。
一方、金融機関対応は、総じて煩わしい業務です。
どうしても後回しになりがちです。
当事務所は、
金融機関対応の煩わしさを(ほぼ完全に)払拭する役務を廉価で提供しています。
以下、ご確認ください。
 
銀行対応を得意と謳う税理士事務所も少なくありませんが、
クライアント(貴社)をサポートする姿勢や、金融機関との対応方法には雲泥の差があります。
 

■銀行融資プランナー協会の正会員事務所である当事務所は、
◆金融機関との窓口機能を完全に担います。
◆融資戦略の立案や必要書類の作成を主体的に行います。
消極的な部分支援ではなく、積極的な全部支援を目指しています。

 
 

当事務所が、貴社の金融機関対応をお引き受けする時は、(最大限)当事者として対応します。
◆情報や、やり取りの流れは以下です。
『金融機関』→『当事務所』→『クライアント(貴社)』の流れを構築します。逆も同じです。

『クライアント(貴社)』→『当事務所』→『金融機関』になります。

窓口は原則当事務所です。

 
 

○金融機関との対応窓口の役回りをしっかりと担うことで…
・クライアント(貴社)の煩わしさを払しょくします。
・結果として、極めて効率的かつ合理的です。
・金融機関との誤解や齟齬も起きません。

 
□金融機関対応が得意と謳う多くの税理士事務所も、
金融機関対応は、クライアントを通して行おうと考えています。
金融機関との対応は、
『金融機関』→『クライアント(貴社)』→『税理士事務所』の流れを想定して行います。
逆も同じです。
『税理士事務所』→『クライアント(貴社)』→『金融機関』になります。
当事務所とは、考え方が抜本的に違います。
 
◆融資戦略の立案や必要書類の作成も、当事務所が主体的に行います。
「社長のご要望を伺った後は、必要書類の作成から金融機関への説明まで、
原則すべて当事務所が対応いたします。
面談や契約時には、当然社長の同行を求めることになりますが。」
当事務所は、上記の対応を行います。
 

○融資戦略を主体的に立案することで…
・クライアント(貴社)の煩わしさを払しょくします。
・融資審査がスムーズに進み、希望される融資金額の調達がしやすくなります。
・金融機関の手間暇も削減され、歓迎されます。

 
□金融機関対応が得意と謳う税理士事務所も、
その多くは、貴社をお手伝いしようと考えています。
 
「金融機関対応のお手伝いをさせていただきます。当事務所は、金融機関対応が得意です。
必要書類の作成や、金融機関への同行も行います。」このようなメッセージを発しています。
このメッセージの真意は、
「社長自身が精一杯金融機関対応に励んでください。必要な書類も自分で考えて作ってください。
どうしても当事務所が作らなければならない資料は最後にお手伝いします。
金融機関への説明も社長自身で頑張って行ってください。
どうしても必要なら私(当事務所)も同行します。」です。
当事務所とは、考え方が抜本的に違います。
 
■「そこまでやってくれるの。煩わしさのほとんどを取り除いてくれて本当に助かる。」
このような評価を多くのクライアントからいただいています。
 

税務顧問業務に付加して、様々な金融(財務)支援サービスを準備しています。

 

1.貴社の財務部長代行機能(金融機関対応含む)を継続して
  お引き受けするサービス
…『資金繰り円滑化(財務部長の代行業務)サービス』
※本当はこのサービスを受けてください。

 財務・金融機関対応は継続的に行う方がはるかに効果的だからです。

 

2.銀行融資獲得のためのスポットサービス
…『銀行融資プランニングサービス』

 

3.リスケを円滑に行うためのスポットサービス
…『経営改善計画書策定及び金融機関対応支援サービス』

 

銀行融資プランナー協会の正会員事務所である当事務所は、
◆金融機関との窓口機能を完全に担います。
◆融資戦略の立案や必要書類の作成を主体的に行います。

 
消極的な部分支援ではなく、積極的な全部支援を目指しています。
貴社の煩わしさを(ほぼ完全に)払拭します。「そこまでやってくれるの。
煩わしさのほとんどを取り除いてくれて本当に助かる。」との評価を多数いただいております。
まずは、早めに、できれば創業前にご相談ください。

お知らせの最新記事

起業家のための無料相談受付中 0120-398-788
ページ上部へ戻る